2007年10月21日

岡田義徳しゃんフライトパニックの感想何でこんなに鬼展開なの?

岡田義徳しゃん主演ドラマにょフライトパニックまったくノーマークでしたニャ。

24やダイハードにゃどを意識して岡田義徳しゃんがしゃまじゃまにゃトラブルに巻き込まれるドラマを目指し次から次へとトラブルとパニックが起きていく展開で視聴者が飽きしゃしぇにゃーい工夫がしてあるしょうでしゅにぇ。

でも飽きしゃしぇにゃい工夫にょ前に、鬼のように展開がころころ変わって24にょジャックより忙しい展開でしゅ。

岡田義徳しゃん主演フライトパニックはライアーゲームを製作した人も関わっているにょで微妙にライアーゲームぽい雰囲気ニャ。

でもサマリア肺炎の抗体がインシュリン、魚のサーモンニャン?何なのこのドラマてツッコミどころ満載でしたにぇ。

単発のドラマで45分しかにゃーいにょに視聴者が置き去りにしている鬼展開はある意味良いと思いましゅが最後にょオチが微妙にゃードラマでしゅ。

フライトパニック見たい人はたぶん、最後はなんなの?肉と魚どっちニャン?視聴者もパニックて感じでしょうかニャ。


     

今日見たテレビ番組の感想 - livedoor Blog 共通テーマ

映画・ドラマ│  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote







はんちゅう
月ごとでしゅ
SEO
Web Services by Yahoo! JAPAN
楽天ウェブサービスセンター
  • ライブドアブログ

  • SEO
  • loading
  • 今日は何があったかにゃー

  • 無料SEO対策